相手にどう見られ、どう思われるのかという視点。服装のセンスが悪い人は雰囲気作りも下手になりがち。いや全てにおいてセンスが微妙かも?

男性としての魅力はあまり感じませんでした。

男性としての魅力はあまり感じませんでした。

第一印象は「シャイな方なんだろうな」というものでした。
また、気持ち悪くはありませんでしたが、何かあったら掲示板に書きそう・・・という、根暗さを感じてしまいました。

一緒に過ごして、未来を向いて前向きに頑張れそうな高揚感がなく、男性として一緒にいたい方ではありませんでした。

移動はスムーズでした。ただ、行き先がチェーンの居酒屋でした。

チェーンの居酒屋でも楽しめるのでいいのですが、高揚感がありません。男性として見られたいのであれば、初対面の場としては相応しくないと思います。そして飲み放題。ひたすら食べて飲みました。

せめて美味しいお酒を飲ませてくれれば、それだけでも魅力的に映るんですが・・・。

汚らしい感じなどはないですが、見た目が妙に若く37歳に見えませんでした。ハリーポッター似の外見も相まって、ちょっと頼りない印象。老けて見えるのもよくないですが、若く見えすぎても頼りなくて印象が悪いです。

お洋服は決してオシャレなものではなく、大学生っぽい幼さがありました。あと、ショルダーバッグに「御守り」が付いていまして、37歳のセンスとしてはどうかと思います。

女性と一緒に過ごすときは、隣にいて恥ずかしくない格好を意識してほしいです。

女性は、「明るくて、合理的で、センスがあり、おしゃれに気を使い、清潔感があって、口臭や体臭をケアし、人生のコンセプトが明確で、目標を持ち、一緒に未来を描ける男性」に魅力を感じますし、そういう男性ならおつきあいの可能性がぐっと高まります。

それらのモテる要素を前提としたうえで、会話の技術や雰囲気作りのセンス、そして心と心の繋がりをコントロールする力が、課題となります。ご自身の身体的なケアや人生的なケアをせずに、ただ単にパートナーが欲しいということでは、基本的にはパートナーを獲得することはできないと考えた方が良いかと思います。

37歳なのにファッションが大学生の格好

よくあることですが、長時間のデートで動きいやすい格好なら良いと思いますが、短時間の非日常の演出において、やはり一般消費者からの認知度が高い廉価なブランドでは、非日常感は出せないと思うのです。

ファストファッションのフリースにジーンズに中学生が履くようなスニーカーでは、スロット帰りと間違われます。スーニカーで言えば、大手の販売業者で売っている大衆向けスニーカーではなく、やはりアパレルブランドが開発して商品化したスニーカーの方が、ホテルの上層階のレストランにもいけるのです。非日常感の演出がとても大事になります。

自分なりの世界観を実現する姿勢とその実現過程に、女性は魅力を感じる

「前向きな」思考が見えなかったようでございますが、女性にとって「この人と一緒にいたい」というのは「未来が描ける」からです。楽しくてエキサイティングな未来が描けそう!、堅実な生活が描けそう!、そう思わせる人生観と、前向きな生き方をすることが必要になります。

「生活」において、怒りと絶望の連続で、心が疲弊する場合もあります。メンタル的にタフにならなければ、世の中は生きていけません。人にどう評価されようが、構わないのです。自分の好きなことで、自分なりの世界観を実現する姿勢とその実現過程に、女性は魅力を感じるのではないでしょうか。

チェーン居酒屋の具体的な事例

以下は具体的な店舗名が出ておりますので、会員様のみ閲覧可能にしたいと思います。

残り:322文字 / 全文:1843文字

ご入会済みの方は記事の続きへ

未登録の方は新規登録へ

もし、記事を気に入っていただけましたら、お知り合いの方とシェアしてくださいね!
  • モテ男facebookシェア
  • モテ男twitter
  • モテ男googleplus
  • モテ男line
もし、記事を気に入っていただけましたら、
お知り合いの方とシェアしてくださいね!
  • モテ男facebookシェア
  • モテ男twitter
  • モテ男googleplus
  • モテ男line